生姜を摂り過ぎると体を冷やす?

生姜といえば体を温める食べ物ですが、実は生姜を食べ過ぎると逆に体を冷やすのをご存じでしょうか。体を温める食べ物で体が冷えるとはどういうことでしょうか。生姜を食べて体が温まるのはジンゲロールという成分が血管を拡張し、血液の流れを良くするからだと言われています。つまり血行が良くなることで体の隅々の毛細血管まで血液が行き渡り、手足のつま先までぽかぽか温めるというわけです。実際に生姜を食べることで皮膚の温度も上昇することが分かっています。しかしながら体全体に血液が行き渡ることで、逆に体の深部の温度が下がってしまうというわけです。これが生姜の摂り過ぎが体を冷やすと言われるメカニズムです。ですから生姜を食べるにしてもほどほどにして欲しいのですが、実は生姜も摂取の仕方によっては体を冷やすデメリットを克服できると言われています。それが生姜を乾燥させて、乾燥生姜にして食べるという方法です。生姜は加熱したり、乾燥させると、ジンゲロールという成分がショウガオールに変わると言われています。乾燥生姜の作り方は簡単で、1日天日干しにするだけで出来上がります。ジンゲロールは体内の熱を分散して体を温めるのですが、ショウガオールは熱自体を作り出す作用があるので、体内の深部体温まで上昇させてくれるわけですね。ちなみに乾燥生姜はジンゲロールとショウガオール両方の成分を含んでいるため、体の深部を温めて、なおかつ作り出した熱を体全体に分散してくれる優れた食べものなのです。確かに生の生姜は摂り過ぎると体を冷やしてしまいますが、乾燥させることでこのデメリットを補うことが出来るのです。ですから生姜を摂取するときは生食だけでなく、乾燥させたり、加熱させて食べるようにすると良いでしょう。