生姜は生理痛を緩和する食べ物

男性は分からないかと思いますが、生理痛がひどい人は大変です。生理痛が無い、あるいはあっても少しという女性もいますが、生理痛がひどい女性はあまりの痛さに歩けなくなったり、吐き気をもよおしたり、薬を飲まずにはいられない人もいます。生理痛がひどいのはある種体質ですからどうしようもありませんが、生理痛を少しでも緩和できれば良いですよね。お腹や腰をホッカイロで温めたり、ツボ押ししたり、生理痛を和らげる方法はいくつかありますが、個人的におすすめしたい方法が生姜です。そもそも何故生理痛が起きるかというと、プロスタグランジンE2という物質が過度に分泌されるためだと言われています。プロスタグランジンE2は子宮を収縮させ、子宮内膜を剥がして体外へ排出させようとします。これが一般的に言われる生理ですが、当然出血したり、痛みを伴います。プロスタグランジンE2自体分泌されることは問題ではないのですが、問題は必要以上に分泌されることで、そのために子宮を強く収縮させ、強い痛みを引き起こすのです。このプロスタグランジンE2が何故たくさん分泌されているのかといえば、体の冷えが関係しています。冷え性は西洋医学では病気とされておらず、冷え性をそのまま放置している人が多いですが、体の冷えは体の機能が正常に働いていないことと同義です。一般的に冷え性の女性はプロスタグランジンE2の分泌量が多く、生理痛がひどいと言われています。ですから生理痛を和らげるために体を温めるのですが、生姜は体を温める作用に優れた食べ物です。生姜にはジンゲロールという成分が含まれており、加熱することでショウガオールという成分に変わり、体をポカポカと温めてくれます。実際に生理痛がひどい人に生姜湯を飲んでもらったところ、痛みが引き、楽になったと感じるようです。普段からカフェインを良く摂取している人やスナック菓子、チョコレートが好きという女性は血行が悪く、またエアコンの付いている環境に一日中いるような方は自律神経が乱れ、体が冷える傾向にあります。しかしながら、いきなり生活習慣や環境を変えるのは難しいでしょうから、まずは生姜湯を飲むようにし、体の冷えを除去することから始めてみてはいかがでしょうか。