簡単に出来る!?生姜湯の作り方

皆さんは生姜湯を飲んだことがあるでしょうか。ジンジャーエールが好きな方なら意外と嵌まるかと思いますが、体もぽかぽか温めるので一度飲んでみてはいかがでしょうか。でも生姜湯なんてどうやって作ったら良いか分からないと思うかもしれませんが、意外と生姜湯は簡単に作ることが出来ます。お手元に生姜と砂糖、あるいは蜂蜜があれば作れます。では簡単に生姜湯の作り方をご説明したいと思います。まず生姜はすりおろしてコップに入れます。生姜の量は適量で良いのですが、入れ過ぎると刺激が強くなるので、始めて飲まれる方やお子さんに作ってあげる場合は入れ過ぎに注意しましょう。なお生姜好きであれば、多少たくさん入れても大丈夫です。その後甘味を付けるために、砂糖かはちみつを入れます。どこの家庭でも砂糖はあると思いますが、はちみつは意外と常備していない家庭も多いとは思います。その場合は砂糖でも構いませんが、個人的には蜂蜜の方が美味しい生姜湯になると思います。砂糖又は蜂蜜も適量を入れますが、甘味が足りない場合は足してあげると良いでしょう。生姜と砂糖、又は蜂蜜を入れたコップに後は沸騰したお湯を注いで混ぜるだけです。生姜湯を寒い朝に飲むと、体の芯から温めるのを実感できると思います。体温が上がると免疫力が上がると言いますが、生姜には血中の白血球を増やす働きもあることから、免疫力アップにもおすすめです。また風邪気味の時も生姜湯を飲むと良いでしょう。生姜には抗菌、殺菌作用があり、喉の痛みや咳を鎮めるなど、風邪の諸症状の緩和にも良いですし、風邪の治りも早くなると思います。それから眠る前に飲めば、手足がぽかぽかと温まり、熱放射を促して寝付きを良くしてくれるでしょう。生姜湯は市販のものでも良いですが、簡単に作れますから、一度お試しください。