生姜で胃が荒れるのは何故?

寒い季節、冷え性の多い女性にとっては風邪を引いたり、便秘を引き起こす原因にもなります。
冷えや風邪を予防するためにもショウガを是非活用してほしいものです。

ショウガは体を温める効能に優れ、現在でも漢方のおよそ7割は生姜が使われているようです。
そんな生姜ですが、中には生姜を食べると胃が荒れてしまったという人もいるようですが、生姜で胃が荒れてしまうのは何故でしょうか。

大抵は生姜を食べ過ぎた、あるいは胃腸が弱っていたというときに、胃痛、胃もたれなどを引き起こしてしまうようです。
ショウガの一日の摂取量は10g程度と言われていますから、摂り過ぎには注意してほしいのです。

しかし本来生姜には胃や腸を元気にすると言われ、消化促進や食欲増進にも効果があることが分かっています。
これはショウガに含まれるジンゲロールは胃腸を刺激して、唾液や胃液、膵液などを分泌させるからなんですが、胃腸が弱っていると粘膜がダメージを受けてしまうのかもしれませんね。

特に生姜を生で食べるとジンゲロールをたくさん摂取してしまうので、胃が荒れてしまうことはあるでしょう。
なお心配なら生姜を加熱調理すると胃腸が荒れずに済みます。

ショウガは加熱するとジンゲロールという成分が変性するので、胃腸への刺激が和らぐのです。
それでも食べ過ぎなければ問題はないのですから、生姜を上手く使って健康になりましょう。

なお生姜のジンゲロールは肉や魚の臭みを消すのにも使われたりしますね。
日本人は昔魚を良く食べていたのでアレルギーにかかりにくかったようですが、魚にはオメガ3という不飽和脂肪酸が含まれているからなんです。
オメガ3はアトピーに効くそうですから、お試しください。